甘いもの・グルメ、出掛け先で見つけた物などのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「頑張れば何でもできる」「頑張らない人はダメだ」など、“頑張ることは全て良し”だと思いこんでいませんか?

“頑張る”ことが、必ずしも全てプラスに働くとは限りません。少しでも方向性がズレてしまうと、見栄やプライドといった“欲”が混ざってしまって、逆効果になってしまうこともあります。

そして実は、あえて“頑張らない”ほうが、頑張ったときよりも大きなパフォーマンスを生み出す、ということがあるのです。

あえて“頑張らない”ことで生じる9つのメリットをご紹介します。あなたも肩の力をぬいて、頑張らない人生を送ってみませんか?



■1:100%の実力が出せる

頑張ったからといって100%の実力が出せるわけではありません。「頑張ろう!」という気負いは、緊張をまねき、体を固くしてしまいます。そして、呼吸が浅くなり全身に十分な酸素が行き渡らなくなり、心身ともにパフォーマンスを落としてしまいます。

頑張らないことで、緊張することもなく、本来の実力が自然と出せるようになるのです。



■2:アイデアが浮かぶ

よいアイデアを生み出すには、リラックス状態で脳に“アルファ波”が出ているときが最適とされています。頑張っている状態では、アルファ波は出にくいため、頑張らないことでリラックス状態になれば、アイデアが浮かびやすくなるのです。



■3:自分の長所に気づく

自分の得意なことや長所は、頑張らなくても自然とあふれてきます。なので、“頑張ったからできたこと”は、自分に無理させているからできたことなので、本来自分に備わっている長所とは異なるでしょう。

何にでも頑張りすぎると、等身大の自分に気づきにくくなるので、あえて“頑張らない”ことで、本来の自分の長所に気づきやすくさせましょう。



■4:ありのままの自分を受け止められる

頑張っていると、本来の自分に備わっている以上の力を出そうとして、自分を把握しづらくなります。そして、ありのままの自分を受け入れることに、心の中で抵抗さえ出てきます。

実際は、頑張れば何でもできるわけではありません。ありのままの自分を受け止めてこそ、仕事も恋愛もどうすればうまくいき、自分が満足できるのかがわかるのです。



■5:無駄な時間が減る

頑張らなければ、本来自分が得意じゃない分野は諦めるか、もしくは他の得意な人に託すことができます。本当は苦手なのに努力し続ける不毛な時間がなくなり、自分の長所を伸ばす時間にあてることができます。



■6:イライラが減る

頑張っている人は、“頑張っていない人”に苛立ちを感じるものです。とくに、似たような立場にいる同僚や同性に対して「私も頑張っているのに、何であの子は頑張らないの?」という不公平さを覚えてしまいがちです。でも、そもそも“頑張らな”ければ、イライラする対象も自然と減るのです。



■7:他人への気遣いができる

頑張ろうとすると、自分のことで頭がいっぱいになってしまい、相手のことを気遣う心の余裕までもてなくなりがちです。逆に頑張らないことで、心に余裕が生まれれば、他人に優しく、気遣いもできるようになるはずです。



■8:周囲が疲れない

頑張っている人を見て、気疲れすることはありませんか? 「この話は頑張っている人には言いづらいな」なんて思ったり……。

「頑張ろう!」という意気込みは、言動・仕草・表情などから必ず周囲の人にも伝わります。もちろんそれがプラスに働くこともありますが、人や状況によっては、気後れしてしまう人も少なくありません。

頑張らない、つまり自然体でいると、周囲の人もホッとして近づいてくれますし、他の人が聞けない情報を聞けることにもつながります。



■9:心身の余裕がある

余裕がなければ、周りの状況や変化に気づくことができませんし、新たなアイデアや問題の解決策も浮かびにくくなります。

何をするにも、心身に余裕があれば、結果もついてきやすくなるでしょう。



以上、あえて“頑張らない”ことで生まれるメリット9つをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

頑張らないことで本来の自分の実力が出せるようになれば、無駄な努力や怒りを抱えること減り、生きることがラクに楽しくなります。“頑張らない”ことで生まれた余裕をもって、物事にむかいたいですね。


この記事を読んでて、あぁー分かる分かる


って思うことがあったので、あげてみました

【2014/04/21 05:40】 | etc
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。