FC2ブログ
甘いもの・グルメ、出掛け先で見つけた物などのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 トヨタ自動車は10日、通常のガソリンエンジンでは世界最高の熱効率38%を達成した排気量1300ccエンジンをはじめとする新低燃費エンジン群を開発したと発表した。2015年までに全世界で同エンジンを含む14機種を投入する。HV用エンジンの燃焼サイクルを採用するとともに、出力性能を落とさずに燃焼効率を改善した。

新開発の1300ccガソリンエンジン
 新エンジンは1300ccの4気筒「NR型」と、ダイハツ工業と共同開発した1000ccの3気筒「KR型」の2機種。熱効率は1%向上すると「燃費が1―2%改善する」(足立昌司ユニット統括部パワートレーン企画室主査)。新NR型搭載車はアイドリングストップなどほかの技術と合わせ、従来型に比べ約15%の燃費改善効果を見込む。新KR型の熱効率は37%。燃費は同30%の改善効果を想定する。
 HV用ガソリンエンジンに採用してきた、圧縮比よりも膨張比を大きくして熱効率を改善する「アトキンソンサイクル」を導入した。また新形状の吸気ポートによって、シリンダー内に強い気流を生成し、燃焼速度を上げた。新NR型の圧縮比は13・5。



こういう記事を見てていつも思います。

燃費向上するのは嬉しいけど、実際カタログに書いてるだけの燃費なんて届かないのよね

コレって、誇大広告に値するんじゃないの?と…

せめて、買う人に分かりやすい走行結果での燃費記載にして欲しいです


【2014/04/11 15:12】 |
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。