甘いもの・グルメ、出掛け先で見つけた物などのブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夏、65万人を魅了した東京・日本橋の夏の風物詩“アートアクアリウム”が、
10月24日(金)から12月14日(日)までの夜間、京都・元離宮二条城で開催いたします。

『アートアクアリウム城』は、独自の世界観で見る者を魅了する
アートアクアリウムアーティスト・木村英智がプロデューサーを務めます。
今回、木村が挑戦するテーマは“REAL JAPANの再興と発信” です。

『アートアクアリウム城』は、400年以上の歴史を持つ二条城の中でも通常非公開の場所にて、
入場できない夜の時間に開催される特別な企画です。

秋の夜長に開催されるのは、日本の美を体現する金魚や錦鯉を中心とした
「和の世界のアートアクアリウム」と
着物をはじめとする京都が誇る日本の伝統産業を現代アートとして甦らせた
木村英智のもう一つの世界観である『江戸桜ルネッサンス』を融合させた全く新しい企画です。

「歴史と現代」双方のアートを新たな形で昇華させ、未来を感じる「日本の真の美」を提示いたします。

『アートアクアリウム城』では、これまでに誰もが体験したことがない、
究極的な日本の美意識が感じられる極上の時間をお過ごしいただけます。

本展は、二条城で開催されるアート展覧会としては初めて、
一般非公開の二の丸御殿中庭を中心に繰り広げる、水を使った屋外展示となります。

また、アートアクアリウム展としては過去最大級の規模での展覧会となり、
初めて作品を屋外展示する機会となります。

二条城内には、アートアクアリウムを代表する世界で最も巨大な金魚鉢〈花魁〉や
京友禅を埋め込んだ〈キモノリウム〉をはじめ、数々の作品が展示されます。
金魚や錦鯉たちが優雅に泳ぐ様は、日本の女性が艶やかに、美しく舞い踊る姿を連想させ、
荘厳な二条城の雰囲気の中に華を添えます。

『江戸桜ルネッサンス』からも、着物や江戸切子を使った作品を
秋バージョンにリニューアルして展示いたします。







東京でやってた時、行きたいけど…こらだけの為に行くにはコストがかかりすぎると思ってたら…

京都でやってくれてるじゃん

ココなら見に行けそう

ただ、休みの日は用事があって行けるか分からないが、何とかしよう

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村


【2014/10/25 01:19】 | その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。